« 情報流出事故を起こした場合のウェブ対応例 | トップページ | 特許法を学ぶには »

2010年11月19日 (金)

ネット告発の行方

尖閣ビデオ問題で話題を呼んだネット告発だが、マスメディアがバイパスされたことの衝撃は、メディア業界にとって大きかったようだ。

なにしろ、従来はテレビ局に持ち込まれていた告発資料が、そのまま発信されてしまったのだから。

海外にはウィキリークスという民間告発サイトがある。
http://www.wikileaks.org/
アフガン紛争やイラク戦争の米軍の機密文書をサイト上で公表して有名になった。
だがスウェーデン当局ともめているようだ。
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY201011190104.html

振り返れば、初期のネット告発として話題を呼んだ東芝ネット告発事件や大学付属病院医療過誤告発事件は、遠い昔になってしまったようだ。

いま、それらの事件覚えている人が、どの程度いるのやら。

|

« 情報流出事故を起こした場合のウェブ対応例 | トップページ | 特許法を学ぶには »

情報ネットワーク法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151928/50071061

この記事へのトラックバック一覧です: ネット告発の行方:

« 情報流出事故を起こした場合のウェブ対応例 | トップページ | 特許法を学ぶには »