« 京都へ行ってきた | トップページ | ネット告発の行方 »

2010年11月18日 (木)

情報流出事故を起こした場合のウェブ対応例

漏えい事故を起こした場合、主務官庁への報告、被害者への連絡・謝罪と並んで、ウェブページでの公表が重要である。

数日前に漏えい事故を起こした某サイトの場合、

トップページを

http://www.biccamera.com/maintenance/maintenance.html

にして電子商取引を停止。

そこからリンクを張って「お詫び文」を掲載

http://www.biccamera.co.jp/ir/info.html

あとは安全性を全面的に検証して、安全宣言を待って再開となることだろう。

それにしても、上記「お詫び文」には問い合わせ先などの記載がない。

私が相談を受けていたら、それらを入れるよう、添削していることだろう。

|

« 京都へ行ってきた | トップページ | ネット告発の行方 »

個人情報保護・セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151928/50064678

この記事へのトラックバック一覧です: 情報流出事故を起こした場合のウェブ対応例:

« 京都へ行ってきた | トップページ | ネット告発の行方 »