« ロクラクⅡ最高裁判決再考 | トップページ | 「まねきTV事件」最高裁判決の分析 1 »

2011年4月11日 (月)

書評 小向太郎「情報法入門【第2版】」

小向太郎氏から「情報法入門【第2版】」をご寄贈いただいた。

氏とは旧知の仲である。柔らかな物腰と、シャープな視線が同居している人物である。

この土日に、本書を、ざっと拝見した。

小向氏は(株)情報通信総合研究所の上席主任研究員であり、各大学で教鞭も執られている。

このように、情報通信関係の法制度に関する我が国でも屈指の専門家であるだけに、関連する法制度が、正確に、よく整理されていることに感銘を受けた。

これから情報ネットワーク法を勉強したいと思っておられる方々にとって、格好の入門書となるに違いない。安心して、お薦めできる書籍である。

51rwy9rqull__sl500_aa300_

小向太郎「情報法入門【第2版】」

NTT出版

2011/3/22発行

ISBN-10: 4757103069
ISBN-13: 978-4757103061

|

« ロクラクⅡ最高裁判決再考 | トップページ | 「まねきTV事件」最高裁判決の分析 1 »

情報ネットワーク法」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151928/51359732

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 小向太郎「情報法入門【第2版】」:

« ロクラクⅡ最高裁判決再考 | トップページ | 「まねきTV事件」最高裁判決の分析 1 »