« 駒込大観音事件3-共同著作者性について | トップページ | 駒込大観音事件4-本件原観音像制作当時の仏頭部に原状回復する措置について »

2011年4月 4日 (月)

著作権法の最新実務(セミナー案内)

早いもので、もう4月。

だが、震災の影響で、さまざまなセミナーが延期になっている。

事情は分かるので、私がしゃべるはずだった今月のセミナーも延期になるのか、主催者の商事法務に問い合わせてみた。

「開催する。」

という回答が返ってきた。そうであるのなら、がんばってしゃべりたい。時期が時期だけに、人は少ないかもしれないが、そうなのであれば、じっくり受講者の質問も受けることができるというものだ。

ということで、たまには少しだけ宣伝させて欲しい。興味がある人は、聞きに来ていただきたい。

申込ページ:http://www.shojihomu.co.jp/school.html#_著作権法の最新実務

著作権法の最新実務
★契約実務と裁判実務に必須のポイントを平易かつ立体的に解説
<パンフレット・申込用紙はこちら
<開催要項>

■講  師 岡村久道  弁護士(弁護士法人英知法律事務所)
■日  時  2011年4月14日(木)
午後1時~5時(計4時間)
■会  場  株式会社商事法務  3階 会議室
            (東京都中央区日本橋茅場町3-9-10)

■受講料  31,500円(1名分,税込)
※テキストとして,岡村久道 著「著作権法」(2010年11月・㈱商事法務発行[定価:4,935円(税込)])を配布(無料贈呈)いたします。
■同一の受講申込書にて1社2人以上申込の場合、2人目から2,100円引きといたします。
■レジュメのみの販売はいたしません。
■定  員  40名(申込順)
※ 会場での録音・撮影,パソコン・携帯電話の使用はご遠慮願います。

<主要講義項目>
Ⅰ 知的財産権制度と著作権法の概要

Ⅱ 著作権法の基本
1 著作権法上の権利と特徴
2 著作物
3 著作者と著作権者
4 著作権・著作者人格権
5 著作者隣接権など

Ⅲ 契約実務と著作権法
1 権利処理の枠組み
  (1) 譲渡と利用許諾
  (2) 同意
2 管理の要点
3 著作物作成契約
4 担保権設定契約

Ⅳ 権利侵害と実務

Ⅴ 今後の体制整備に関するポイント

|

« 駒込大観音事件3-共同著作者性について | トップページ | 駒込大観音事件4-本件原観音像制作当時の仏頭部に原状回復する措置について »

法学教育」カテゴリの記事

知的財産権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151928/51298393

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権法の最新実務(セミナー案内):

« 駒込大観音事件3-共同著作者性について | トップページ | 駒込大観音事件4-本件原観音像制作当時の仏頭部に原状回復する措置について »