« 特別講演会「インターネット選挙運動解禁で選挙はどう変わる」 | トップページ | 『著作権法〔新訂版〕』専用問題集が完成 »

2013年5月12日 (日)

著作権の制限規定は限定列挙か

少し話題は古いのですが、平成25年3月に、文化審議会著作権分科会から

「パロディワーキングチーム 報告書」

が公表されています。

http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/parody.html
 
ここで興味深いのは、報告書の中に、制限規定の拡張解釈、類推解釈をすべきであるという話が、さも当然のように出てきているところです。
 
かつては制限規定は厳格な限定列挙であり、しかも厳格解釈を要するという立場が多数説でした。法的安定性が理由です。

当方は、こうした考えは採用していません。

まず、厳格解釈は不要という考え方です。作花先生、中山先生など、新しい多数説というところでしょうか。

支分権を定めた規定も、制限規定も保護要件を定めたものに他ならず、両者で厳格な書き分けがされているわけではないからです。

その一方、限定列挙説が現在も多数説のはずです。

しかし、中古ソフト上告審判決は、実質的に例示列挙説に立っているといっていいと思います。

社会の変化の中で、事前に厳格に全事例を想定することなど、できるはずがありません。却って文化の発展の妨げになりかねません。

いずれにしても、時代は変わったものです。

ちなみに、限定列挙説と例示列挙説については、拙著「著作権法〔新訂版〕」205ページ(4.4.1.2.1)、制限規定の厳格解釈の是非については206ページ(4.4.1.2.2)を参照して下さい。

|

« 特別講演会「インターネット選挙運動解禁で選挙はどう変わる」 | トップページ | 『著作権法〔新訂版〕』専用問題集が完成 »

知的財産権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151928/57368246

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権の制限規定は限定列挙か:

« 特別講演会「インターネット選挙運動解禁で選挙はどう変わる」 | トップページ | 『著作権法〔新訂版〕』専用問題集が完成 »